リサイクルトナーとは

オフィスで使用しているパソコンからの印刷は当然ですがプリンターから出力されますが、一般的な家庭でのプリンターがインクカートリッジを使用したプリンターであるのに対して、オフィスでのプリンターはレーザープリンターが一般的です。ここでは詳しい説明はしませんが、インクとは違ってトナーという粉を吹きかけてレーザー照射で焼き付けるという方法です。インク形式に比べて大量印刷に向いているためオフィス用として活用されているのです。

大量印刷ですからコストは高いのですが、それでも全てトナーを使い切って、トナーの入ったカートリッジを丸々純正品と交換していたのではあっては、かなりの費用負担となってしまいます。そこで登場したのがリサイクルトナーです。トナーの入れ物のカートリッジも消耗品ですので、交換しなくてはいけないのですが、それでも何回かの使用には耐えることができます。ですから、リサイクルトナーではカートリッジの中にトナーを充填して新しく使えるようにしたのです。

元々コストパフォーマンスに優れているトナーカートリッジですが、これでますます優れたコストパフォーマンスを発揮するようになったのです。現在はエコの考え方から極力印刷をしないようにとの考えもあります。しかし成果物としてオフィスでは印刷したものが基本となる場合も多く、印刷物の多さからくる経費節減も危急の課題だったのです。リサイクルトナーの登場によって経費の問題も大きく改善されたのは間違いありません。ここではリサイクルトナーと純正品などの様々な比較をしています。

▽注目サイト
こちらはリサイクルでもメンテナンスが容易、保証期間もついていて便利なリサイクルトナーカートリッジの通販サイトです ⇒ リサイクルトナー カートリッジ